兵庫県立こどもの館
「こどもの館劇団」養成事業

中高生のためのワークショップ+教育関係者の指導者養成ワークショップ

主催:兵庫県立こどもの館(姫路市)=兵庫県県民生活部児童課児童福祉係

対象:(指導者養成講座ワークショップ)こどもの館劇団OB、地元教育関係者
    (こどもの館劇団ワークショップ)中学生~高校生

期間:(指導者養成講座ワークショップ)7月の全4回。最終日は発表会
    (こどもの館劇団ワークショップ)7-8月の全14回。最後の2日間は野外移動劇での発表会

大型児童館での先駆的ワークショップとして知られる「こどもの館劇団養成事業」は91年にスタート。 劇団員は県下の中学生、高校生から公募され、夏休みの短い期間を使って演劇作りが行われる。 発表会は例年、安藤忠雄が建築したこどもの館施設内を場面ごとにめぐる野外移動劇のスタイルをとる。 95年の阪神淡路大震災や、00年の先代指導者・如月小春の逝去を乗り越え、現在に至る。

同時に、96年からは指導者養成講座を併設し、地元の指導者養成にも積極的に取り組み、 近い将来、完全自立型の劇団運営を視野に入れる。

最近の活動:
01年「ぼくたちの銀河鉄道」 脚本/如月小春 指導・演出/柏木陽ほか ※如月小春追悼公演
02年「五十七夜~ぼくらがつくる魔法の夜」 原作/シェークスピア(「十二夜」より) 脚本/こどもの館劇団 指導・演出/柏木陽ほか
03年「ぺらぺらオペラ」 原作/ベルトルト・ブレヒト(「三文オペラ」より) 脚本/こどもの館劇団 指導・演出/柏木陽ほか
04年「夏休み冒険記」 脚本/こどもの館劇団 指導・演出/柏木陽ほか

関連書籍:
「八月の子どもたち」(如月小春著/晩成書房)
「続・八月の子どもたち」(近刊・如月小春著/晩成書房)

発表会風景1発表会風景2
2001年公演「ぼくたちの銀河鉄道」発表会より